f8

暮らしてみたアメリカのこと。留守にしていた日本のこと。

湘南新宿ライン 1

「このないだ席替えがあったときさ、マッツが私の隣がいいって」

「えー」

「でも、押しすぎてもヤバイから、いま様子見で」

「いくつですか?」

「23。アタシより6つ下だけど、前の女は12上だったって」

「げっ、ウソ」

「ヤベ君もいいんだけどさ、ちょっと顔がさ」

「キックボクサーのですか?」

「ザ・日本って感じで、めちゃめちゃ薄いんだよね」

「でも彼、ぜったいいいヒトですよ」

「うん、『いいヒト』で終わるタイプ」

 

「入って間もない奴に議事録書かせるなんて正気の沙汰かよ」

「あっちはワキタさんとか」

「あの人調子いいだけ。仕事できるように見えてあんまりできない」

「誰が言った? サトウさん?」

「顔は笑ってたけど、ひどいこと言いまくりみたな」

「彼は正社員じゃないよ。早く帰るし」

「だいたい徹夜したことないってのもおかしいよな」

「月曜日の会で次の体制発表になると思ったけど」

「もうチームはあるんだよ」

「えっ?」

「この間の納品マジびびった。失敗したらどう言い訳しようか必死こいて考えてた」

「まあ、そうなるわな」

「会社寄ってった方がいいか。次の出張も行けるように」

 

「今ごろになって、どれだけお金がかかるかわかったのよ。サッカーと塾行って月一人6万よ。『サヤカのときもこんなにかかった?』って聞くから、『そんな昔のこと覚えちゃいないけど、今は価値観が違うんでしょ』って。旦那さまとも上手くいってないのよ。今更そんなこと言われてもね。できちゃった婚だったんだから、賛成も反対もなかったのよ。『あんた今から遊べるじゃん。37で子供が中1と中2なんてなかなかいないよ』って言ったら怒ってさ。アタシも気分悪いから黙ったら、向こうも意地張ってすごいの。昨日も『これ、誰の曲だっけ?』って振ってるのに、知らんぷりしてさ」

「うちのだって...」

「親子っていいもんなのにね。とくに女の子はさ、小さいころが可愛いからねぇ。本当はメグももう一人産みたかったのよ。でもサトウはオトコっぱらだから、3人目は止めたの」

 

「昨日も終電でしたっけ?」

「…..」

「ムロカワさんって、結婚に興味あるんですか?」

「…..」

「社内結婚多いですよね、ウチの会社」

「室長と?」

「庶務のヤスダさん」

「と?」

「カオリさんですよ。知らなかったんですか?」

「…..」

「お疲れさまでした」

「お疲れ」

「バイバーイ。また、明日ぁ」

「って、もう今日だけど」

 

f:id:majide0:20130524183236j:plain